新居購入の際には確定申告が必要であることを認識しておきましょう

サイトマップ

トップバナー

引越しによる控除

新居を購入した際

新居を購入すると、住宅控除が必要になります。引越しすると控除が適応され ることが少なくなるので、注意しましょう。毎年の確定申告の際に修正する必要があるのです。数年間の転勤なら、一時的に控除を取りやめて再度 控除の手続きをしましょう。

手順を理解し手続きをすることが重要

仕事のために転勤しなければならなくなったことを説明する届出書や、年末調整の控除証明書など税務署に提出する書類は山積みとなるでしょう。詳しいことは税務署や国税庁のホームページで確認し、記入漏れがないようにしなければなりません。

引越しをする前にきちんとした手順を理解し、手続きをすることが重要です。引越しの手順ばかりに気を取られ、忘れてしまっている人も多くいるのです。アメリカの場合は少し事情が異なり、アメリカでは引越し控除と呼ばれている減税てあげも存在しています。これは、仕事のための引越しであることが前提なので、他の引越しには適応されません。

サラリーマン

ポイント

サラリーマンなら、自分の都合でも引越しはないので、それでもよいでしょう。慣れ親しんだ家を離れて別の土地に住むことは希望であり、不安ですが、どちらにしても新しい生活が待っていることには変わりありませんよ。新しい気持ちで心機一転、新しいスタートができますよね。

始めの引越しで手順を理解する
相談

人生の門出だと考えられることがおおくあるようです。費用や手間はかかりますが、それに伴う程の良い事が多く あると思います。家族が増える可能性もあり、引越しはとてもよいことだと思いますが、家族が増えるということは更に引越し が大変になるということなので、始めの引越しで手順を理解し、よりよい引越しをしましょう。慣れていないのであれば、やるべきことを リストアップして、どれからやればよいのかを、順序だてて紙に書き、終わったら、バツ印をつける、といったようにしていくと スムーズに作業が進みます。

引越しの手順の基礎的知識