引っ越しは曜日によって見積金額が変わってくることを理解しておきましょう

サイトマップ

トップバナー

見積もり

依頼の仕方によっても大きく異なる

引越しの見積もりをしてもらうために業者に連絡すると思いますが、しっかりと手順を考えておくことがでいなければ、高い見積もりを出されてしまうこともあります。業者によっては費用の上下が出て来ることもありますが、依頼の仕方によっても大きく異なるので注意が必要になります。

見積もりをする業者の立場になって考える

見積もりをする業者の立場になって考えることが重要です。どの程度の作業量があるのか、人数と時間は明確に想定することが出来るのかなど、不明点が多ければ見積もりが高くなってしまうことなどを理解しておかなければなりません。予想していた以上に手間がかかってしまったときに損をするのはあなたです。

手順というのは、始めは引っ越しの日にちの確定です。どうしても 決められないのであれば、第1希望、第2希望という風に分けて決めておくことが重要になります。引 越しの見積もりは曜日によって値段が異なり、当然のことですが土日は少し割高になってしまう ので、注意が必要です。曜日が決まっていなければアバウトな見積もりしか業者は出すことが出来ません。 ですので、二度手間にならないように、日程が確定してから見積もりを依頼したほうがよいでしょう。

様々なケース

ポイント

荷造りを業者がやらなければならないなら、その分の手間賃がかかるのです。また引っ越しシーズンは、業者は日に何ヵ所もかけ持ちしているので、1つの場所を想定している時間で終わらせることを優先するので、作業が少し雑になることもあります。

自分が高い見積もりを出させている
理想の部屋

丁寧な引越しを希望するのであれば、それなりのお金を払うか、余裕のある 平日を狙うことが重要になると思います。引越しの手順を決めることが出来ず、段取りが悪い人に は、高い見積もりが出ると行っても過言ではなく、自分が高い見積もりを出させているといってもよいでしょう。 ですので、高いのは自分の要領が悪い、ということを自覚し、高い見積もりをみたら、何かで きることがないか探しましょう。案外簡単にできることで、費用が安くなったりするのです。 一日数十分の自分でできる作業で何万円という金額が浮けばラッキーですよね。そのお金でほしい物を 買って新居で使えます。

引越しの手順の基礎的知識