引越しの手順を学んでスムーズな入居をしてみよう

サイトマップ

トップバナー

引っ越しの手順

新しい生活を始めるための引越しを行うための効率的な手順をご存知でしょうか。引越しの様々な手順は、手慣れた人であれば素早く行う ことが出来るものです。ですが、人生の節目のみで引越しを考えているのであれば、どういった手順をどういった風に行えばよいのか というを部分を知っている人は少ないのが現状です。何年もたてば引越し業者のシステムも異なり、料金も変わります。

昔引越しした際の手順を覚えているとしても、新しい今の手順を理解して おかなければスムーズに引っ越し作業ができません。1番手っ取り早いといわれている情報の入手方法はインターネットで 、引越し業者は豊富にいるのでホームページでの引越しの手順をまず簡単でもよいので理解しておきましょう。

引っ越し

業者に頼む人も増加

自分で引越し準備はある程度できますが、それらを業者に頼む人も増えています。 仕事の関係で転勤する機会の少ない人は、あまり引越しを経験したことがないでしょう。 そのような人は特に引越しの手順を覚えることが大切です。

段ボール準備
出ていく家の処理

始めに、引越しで出ていく家の不要物を処理します。今まで使用していた家具、日用品などを そのまま持っていくこともありますが、古くなっているのであれば、引越しの際に処分するして 新しいものを購入してもよいです。押入れに入れたまま使用していないものなど は、引越しの際に処分してしまいましょう。

その2引っ越しのトラブル

事前の準備

ただ、引越しを業者に依頼した際にトラブルが問題が発生し、国民生活セ ンターなどに相談する人が、残念ですが、増えているのが現状です。引越 し業者と起こるラブルの内容は、届くはずの荷物が届かなかったり、見積もり以上の料金を取られたなどの内容 が多く報告されているので、この代表的なトラブルにしっかり注意しておく必要があります。

こういった引越しので起こる些細なトラブルではなく、本物の悪徳業者とのトラブルはかなり ひどいですが、一般業者でも気を配ばらないと、荷物にキズが入ったりという問 題が起きます。

出来る限りのことは自分で済ませる

ポイント お金を払うからと言って安心し、引越しの手順の全てを業者に任せるのはあまりオススメ出来るもので はないので、出来る限りのことは自分で済ませることをお勧めします。特に大事なものの梱包や書 類等の手続きなどは引越し業者でなく自分で行うことが薦められます。このことも基礎的知識と して押さえておきましょう。

引越し業者に関して国民生活センターにかなり多くの相談が寄せられていますが、その内容 は引越し作業で、物の破損など金銭的な損害を受けたといったケースが多いです。 引越し業者の勤務態度の悪いのは一部の社員だけかですが、依頼する 方もトラブルの回避方法を知って置く必要があります。悪いのは業者だけでなく、依頼する側にも責任があり、 損害がでないようにする責任があります。最終的に業者にお願いするのは自分だと言う事を忘れないようにしましょう。 荷物が破損したなどの場合に保証がどれだけあるかなどは、契約の段階で契約書でしっかり確認しておくのも 依頼者側の責任です。契約書が長くて全部読むのが大変な場合は見積もりに担当者がきたときに聞いておきましょう。



その3引っ越しと手続き

電気の手配

次に引越しの手順で大切なのは、書類の手続きです。色々な手続きがあるので手順を紙などに書いておき一つずつ終わらせ、また必要な手続きの用 紙に記入漏れなどがないように気をつけましょう。 手続きに数日必要なものもあるので、引越し当日になって慌てないようにしましょう。

引越し業者を選んで、引越し手順を説明してもらいます。業者に書類関連を依頼するなら、どの範囲まで手続きを手伝ってもらうのかをはっきり決めましょう。引っ越しの書類ですが、さまざまな書類の提出や変更が必要になってきます。その中で1つ目は転出届になります。住んでいる市町村役場で提出証明書の発行を依頼してください。

大切な手続きは様々な書類を記入

ポイント 引越しの手順として大切な手続きは様々な書類を記入しなければならないので、自分で行う際は、それぞれ手続きをする先などの連絡先をメモなどをし、きちんと把握しておくことが重要になります。また、引越しの手続きで郵便局や転移届を提出する必要がありますので、こちらも大切になります。

NTTなど固定電話の引越し移転手続きも必要です。インターネットプロバイダなども 早目の手続きが必要です。他にも色々な 登録が現住所になっているので、すべて新しい住所に変える必要があります。 プロバイダの他にも新居にネット回線にすぐにつなげるようになっているかの状態も確認し、なければ、工事をしてもらう必要もあります。 工事を行うのであれば申し込みから長い場合、数か月必要です。 特に引っ越しシーズンである春先にかけてはかなりの余裕をもっておきましょう。急に決めると工事が夏前になってしまったというのも よくある話です。計画的に数か月前もって行動を開始するようにしましょう。できれば引っ越しが決まった段階で手続きを始めるとよいです。

その4引っ越しの費用

家族

引越しで考えなければならないのは、準備手順だけでなく、当然、費 用も考えなければいけません。手順と同様、費用も同じ位大切です。 まず引越し作業で、業者に用意してもらうものと自分で用意できるものを分けます。

引越しの際にできれば、自宅を見せて見積もりを取り明確な指示を伝えましょう。引越しの際に多く 起こりうるトラブルは、業者と依頼者の考えが違っていることが原因で起こるので、見積もりの際 にきちんとした考えを伝え、こういったトラブルを避けるようにしなければいけません。

引越し作業の手順に必要な費用

ポイント では、引越し作業に必要な費用はどの程度なのでしょうか。引越しする人数で、運ぶ荷物の量が当然変わってきますよね。2人暮らしであれば、大体5万~6万位用意しておけば問題なく引越せると言われています。ただ、移動する距離で引越し費用は変わります。

業者1人当たり、時給2000円で2名かかれば8時間で32000円になります。また、ダンボールなどの資材費なども必要になります。また、引越し費用を 複数の業者に見積もってもらえば比べやすいですが、異常に安い場合は警戒しなければいけません。単に安ければよいというものではありません。始めは安い見積もりを出して、その後に、実際に 契約をする際に高額な値段を出してくる業者もいるのです。そのためにはしっかり事前に追加費用などがないか、調べておく必要があります。 当日になって、契約内容にないからとやってもらえない内容があり、追加料金を払ったり、自分で行うことになりかねません。


https://www.hotel-bed.net/


その5家族の引っ越し

住宅街

引越しは家族の人数が多いほど費用が必要になります。人数が増えるということは運ぶ荷物も増えるので業者との引越し手順の確認を誤ると予想している以上に手間と費用が必要になります。

家族が協力して準備することが引越しでは大切です。子供が小さいころは手伝いにはならないので、引越しの邪魔にならないように作業中は親御さんがしっかり目を配って邪魔にならないようにしてあげましょう。

引越しの日程の手順もきちんと家族で打ち合わせ

ポイント 家族での引越しを考える際に日程が合わないこともあります。夫が先に引っ越し、そのあとから家族が引越しをするということもあります。引越しの日程もしっかり家族で打ち合わせしておきましょう。

家族が多いと荷物も増えますが、できるだけ費用を抑えれるような引越し方法を考えて、できることは自分たちでやって費用を抑えられればよいですよね。一般的な相場であれば家族が 一人増えるたびに2万円の増えると言われています。 この一人2万円増というのを目安にしてある程度の費用が予想できるので、 それを目安に自分達でできることは極力自分たちでやって費用をけずりましょう。引っ越しはどうしても追加費用がかかってしまうので、 自分たちでできることはやるべきです。それで浮いた分で他の必要道具を買えたり、別の費用に充てることができればよりよいですよね。 特に引っ越しは思っていたことより別のことでお金がかかることがかなり多く、当初の見積もりより多くなることがほとんどなので 追加料金なども考慮にいれて比較するようにしましょう。


その6引っ越しの注意

業者まかせ

引越しは普通は何度も経験することではありません。ここでは、引越し手順で注意すべきことについて説明いたします。必要な手続きや引っ越し業者の選定など、一般的な手順も重要ですが、自分の持ち物の中で移動するものが大変なものがあれば注意が必要です。

例えば大きな家電や冷蔵庫や洗濯機などは運ぶだけよいかもしれませんが、エアコンには十分な注意が必要です。エアコンは設置する際に水平に設置する必要がり、技術がある程度必要になってきます。また他にも必要な道具などもあります。例えば、自分でエアコンを設置するのであれば、専用のコンセントが必要になります。

電気工事が必要になる

ポイント 新居にコンセントが必要な場所にないなら、電気工事が必要になります。室外機と室内気はパイプで接続されているので外して運ぶ必要があります。これはかなりの重労働ですが、引越し費用を抑えることができます。

引越し手順の知識は初歩的な内容から、先にご紹介いたしたエアコンなどの専門 的なものまであるので、無理だと思うのなら業者 に依頼するようにしましょう。素人が中途半端な知識でエアコンを扱うと 故障の原因になります。これから引越しを考えてている方がここ でご紹介した引越し手順の知識をご参考に問題なく引越しできれば幸いです。